はさみの練習はいつから?はさみ選びのポイントや練習方法をご紹介

練習用はさみ

子どもにはさみの練習をさせたいけど、手を切ってしまわないか心配…

お子さんにいつからはさみの練習をさせたらいいかお悩みのパパ・ママもいらっしゃるかと思います。

とと
とと

はさみは刃物なので、お子さんがケガをしてしまわないか不安ですよね。

 

この記事では、はさみの練習をはじめる時期や練習方法についてポイントをまとめました。

はさみの選び方や練習用ドリルについてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

はさみの練習はいつから?

クエスチョン

 

はさみの練習をはじめる時期は2歳前後が目安となります。

 

なぜ2歳前後なのかと言いますと、はさみの練習をはじめる基準を満たす年齢だからです。

 

その基準となるポイントを3つご紹介します。

  1. はさみに興味をもっているか
  2. 手先が器用になってきたか
  3. 保育園や幼稚園で使う予定があるか

 

はさみに興味を持ちはじめる

2歳前後になると、幼児向けテレビ番組などを通して工作に興味を持ちはじめます。

この興味を持ちはじめたタイミングというのがはさみ練習スタートのきっかけになります。

 

子どもが「自分もやってみたい!」と伝えてきたら、本人にやる気がある証拠。

なんでも真似して多くのことを習得していくのも2歳前後の特徴ですので、お子さんが興味を持ったタイミングではさみの練習をはじめてみましょう。

 

手先が器用になってくる

はさみを使うには、持ち手の穴に指を入れて開けたり閉じたりしなければなりません。

そのため、はさみの練習にはある程度の手先の器用さや指先の力が必要です。

 

2歳前後は、

  • つみ木やブロックで遊ぶ
  • 紙を小さくちぎる
  • シールをはがして貼る

といった遊びを通して指先の力が備わってくる時期です。

はさみに興味を持った上で、お子さんの成長過程を見ながらはさみの練習を検討してみるといいでしょう。

 

保育園や幼稚園で使いはじめる

保育園や幼稚園への入園を控えている、もしくはすでに入園しているお子さんは、制作などではさみを使う機会が出てきます。

 

もちろん、保育士さんから教わることにはなりますが、園で使いはじめる前にご家庭ではさみに触れておいた方がスムーズに使えるようになるでしょう。

 

また、いつからはさみを使いはじめる予定なのか事前に園に確認しておくのもオススメ。

心の準備ができていると、パパママにとってもお子さんにとっても安心ですね。

 

練習用はさみの選び方

子供用はさみ

それでは、どのような基準で練習用はさみを選べばよいのでしょうか。

ポイントは次の3つです。

  1. 子ども用はさみであるか
  2. 刃の材質はプラスチックかステンレスか
  3. 子どもの手に合っているか

 

子ども用はさみであるか

はさみの練習には子ども用はさみを使いましょう。

大人が普段使っているはさみはお子さんが使うには大きすぎるため、無理に力が加わってケガにつながるおそれがあるためです。

 

また、子ども用はさみは軽い力で切れるような工夫がされているものが多く、はじめての練習でも安心して使うことができます。

 

お子さんがケガなく安全にはさみを習得するためにも、ご家庭では子ども用はさみを取り入れるようにしましょう。

 

刃の材質はプラスチックかステンレスか

子ども用はさみには刃がプラスチック製のものとステンレス製のものがあります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

 

プラスチック製の特徴

【メリット】

刃によるケガを防げる

【デメリット】

切れにくく、飽きやすい

 

ステンレス製の特徴

【メリット】

スムーズに切れて使いやすい

【デメリット】

刃に当たるとケガをするおそれがある

 

「どうしてもケガをしないか心配…」という方は、まずは刃がプラスチック製のはさみを取り入れてみましょう。

持ち手に指を入れて開く、閉じるの練習になるので、ステンレス製のはさみに移行するのがスムーズになりますよ。

 

ただし、はさみはモノを切ってなんぼの道具

はさみの使用による危険性を学ぶことも大事なので、徐々にステンレス製に移行できるようサポートしてあげてください。

 

ちなみに、わが家では最初からステンレス製の刃を採用しました。

ステンレス製の子ども用はさみは、刃先が丸くなっていたり刃にガードがついたものが多いので、ケガ防止にも配慮されていておすすめですよ!

よくきれる!のにあぶなくない!

 

子どもの手に合っているか

選んだはさみがお子さんの手に合うかどうかも大事なポイントです。

手に合わないはさみは使いづらく、習得に時間がかかってしまうためです。

 

たとえば、お子さんが左利きの場合には左利き用の子ども用はさみでないとうまく扱えず、慣れるまで苦労してしまいます。

 

お子さんが気持ちよくはさみを使えるようになるためにも、その子に合ったはさみを用意してあげてください。

 

はさみの練習方法

はさみ練習

道具が揃ったら早速練習していきましょう。

進め方は次の3ステップを参考にしてみてください。

【STEP.1】1回切り

【STEP.2】連続切り

【STEP.3】曲線切り

 

STEP.1 1回切り

まずは端材のような長細い紙を切り落とすところからはじめます。

はさみに不慣れなお子さんでも、1回の切る動作で紙を切断する感覚をつかむことができますよ。

 

この時使う紙ですが、やや厚みのある紙を使うようにしましょう。

薄くてペラペラな紙だと、押さえる側の手(右利きなら左手)も気にしなければならないため、切る動作に集中しづらいからです。

 

色画用紙くらいの厚さの紙を使えば、紙が不安定で切りづらいといったこともありません。

はじめてのお子さんでも切りやすい厚さの紙を選んであげるようにしましょう。

とと
とと

紙がサクサク切れると気持ちいいですよね。

お子さんが楽しく練習できているかは重要です!

 

STEP.2 連続切り

1回切りに慣れたら、次は連続切りに挑戦してみましょう。

連続切りとは、刃を閉じきらずに長い距離を連続して切り進める切り方です。

まずは文庫本くらいの大きさの紙を2、3回連続で切ってみて、徐々に切り進める長さを伸ばしていきます。

 

ポイントは刃を最後まで閉じることなく切り進める点です。

お子さんの様子を見ながら、切る距離を伸ばせるようアドバイスしてあげてください。

とと
とと

紙に線をひいたり折り目をつけたりして目印をつくってあげると、切りたいところを正確に切る練習になりますよ!

STEP.3 曲線切り

長い距離を切ることができるようになったら、曲線切りに取り組んでみましょう。

 

丸くなるように切るには、紙を押さえる側の手の動きがポイントとなります。

 

連続切りと同じく刃を閉じきらずに、かつ紙を動かしながら切り進められるようサポートしてあげてください。

大人がお手本を見せながら一緒に練習するのがおすすめですよ。

 

MEMO

はさみの方を動かしてしまっていたら、「紙を動かそうね」とお子さんが体の動かし方に気づけるように声かけしてあげてください。

とと
とと

はさみで切りながら紙を動かすのはとても難しいことです。

最初はできなくて当たり前。

決して叱ったりせず、見守ってあげましょう!

 

 

はさみの練習に教材は必要?

はさみの練習は身近にある紙を使って行うことができます。

ただ、

  • 端材が散らかってごみが増える
  • 練習用のちょうどいい厚さの紙を探すのが手間
  • 都度、大人がお題を出す必要があり大変

といった負担が気になるパパママもいらっしゃるかと思います。

 

そんなときははさみの練習用ドリルを取り入れてみるのもおすすめですよ!

はさみ練習教材

 

練習用ドリルには切る線が印字されており、どこを切ったらいいかひと目でわかるようになっています。

ドリルに沿って進めていけば順序よくステップアップできるようにつくられていますので、教える側のパパママの負担も軽減されますよ。

また、ドリルには色とりどりの絵が入っているものも多く、お子さんが楽しく練習するための工夫がされているのも特徴です。

 

どんな教材がいい?

わが家ではくもんの練習用ドリルを採用しました。

紙の厚さや大きさ、切る線の太さがちょうどよく、はじめての練習にぴったりだと感じたためです。

 

1回切りでも紙を切り落とすことがないため、ゴミが散らからないのも嬉しいです。

はさみ練習教材
グレーの線がはさみで切る箇所になっています

 

できたね!シールもついており、達成感を味わいながら進めていくことができますよ!

はさみ教材シール

 

はじめてはさみをもつお子さまに

 

お子さんの成長にあわせてはさみの練習をはじめよう

ノート

 

最後に、はさみの練習をはじめるかどうかの基準となるポイントをおさらいします。

 

  1. はさみに興味をもっているか
  2. 手先が器用になってきたか
  3. 保育園や幼稚園で使う予定があるか

 

はさみの練習は2歳前後から徐々にはじめるとよいでしょう。

 

ただし、これはあくまで目安です。

2歳になったから必ずしもはさみを使えなければならない、というわけでもありません。

 

お子さんの成長度合いや興味関心にあわせて、パパママも気負わず楽しく取り組んでほしいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA