【幼児のパズル道場 ステップひもとおし】3歳からの知育おもちゃ 正直レビュー

ステップひもとおし

  • ステップひもとおしってどんなおもちゃ?
  • ステップひもとおしの知育効果は?
  • ステップひもとおしの使用感は?

こんな疑問にお応えします。

 

3歳児が遊べる知育おもちゃを探していたところ、本屋でたまたま見つけた商品が気になり購入。

その名も幼児のパズル道場 ステップひもとおし

  

この記事では、ステップひもとおしを購入して感じたことについて詳しくレビューしていきます。

知育おもちゃ選びの参考にしていただければ幸いです。

 

それではどうぞ!

 

ステップひもとおしの特徴

「幼児のパズル道場 ステップひもとおし」は、遊びを通して試行錯誤しながら子どもの能力を伸ばすことができる知育おもちゃです。

ステップひもとおし
>>「幼児のパズル道場 ステップひもとおし」をチェック

 

算数センス育成のための頭脳トレーニングプログラム「パズル道場」のメソッドをベースに開発した幼児向け教材となっております。

>>パズル道場についてはこちら

 

概要

セット内容は次の通りです。

  • ボード 3枚(3×3/4×4/5×5)
  • ひも  4本(赤/青/黄/黒)
  • 問題集 1冊
ステップひもとおし セット内容
いたってシンプル。開けた瞬間から遊べちゃいます

 

ステップひもとおしの4つの知育効果

ステップひもとおしで得られる知育効果は次の4つです。

  • 思考力
  • ねばり強さ
  • 平面図形感覚
  • 指先感覚

公式サイトでは以下のように解説されています。

「ひもとおし」は、思考力・ねばり強さ・平面図形感覚・指先トレーニングと、さまざまな能力を一度に育成できる教材です。幼児期には、「なんとか解けるかもしれない」という何度も試行錯誤をくり返すことが大切です。そのために、本商品では、3種類のボードと4色のひもを使って、徐々に難度を上げるようにしました。また、平面図形の対象感覚を育成できる点も特徴です。やり直せばやり直すほど指先が鍛えられ、思考力も向上します。楽しみながら、試行錯誤をさせてください。

パズル道場 ONLINE SHOP

つまり、遊びながら身体(指先)と頭脳(思考力)を同時に鍛えられるおもちゃだということです。

 

対象年齢

ステップひもとおしの対象年齢は3~5歳となっています。

 

その名の通り、お子さんの年齢や成長にあわせて段階的に難易度を上げることが可能です。

 

問題集ではレベル1~レベル4の難易度で計60問が設けられており、徐々にステップアップできるようになっています。

 

ステップひもとおし 問題集1
レベル1。単色のひもと9つの穴のボードでかんたんな形を作ります
ステップひもとおし 問題集4
こちらはレベル4。4色のひもと25この穴のボード、これは難易度高め…

 

穴の数、ひもの数、ひもの色の組み合わせで難易度を調節できるため、長く遊べますね。

 

ステップひもとおしで遊んでみた感想

3歳の子どもと一緒に実際に遊んでみました。

 

箱を開けると、「なんだこれ!」と興味津々で手に取り、遊びはじめました。

 

序盤は苦戦していましたが、試行錯誤の末にレベル1の1問めをなんとかクリア。

今後、どこまで解き進められるか楽しみです。

ステップひもとおし 使用感
集中して真剣に取り組んでいました

 

メリット・デメリット

実際に遊んでみて感じたメリット・デメリットは以下の通りです。

 

メリット
  • 軽くて子供でも扱いやすい
  • 問題集が見やすく、子供にもわかりやすい
  • ひもが丈夫なため、劣化の心配がない

 

デメリット
  • 初回で難しく感じてしまうと飽きて続かない可能性がある
  • ひもの巻きつきに気をつける必要がある
  • ボードが薄いため、乱暴に扱うと割れてしまうおそれがある

 

正直なところ、初回さえ超えてしまえば、長く遊べる知育おもちゃとして今後も使いたいと思える商品です。

 

デメリットで挙げた難易度に関しては、初回をいかに楽しめるかがポイントだと考えています。

実際、わが家の最初の作品は次のようなものでした。

ステップひもとおし 試行錯誤
問題集のどこを探しても載っていません!

 

これは子供が自分の感性に従い、思うままにひもを通した結果。

知育以前に子供自身が楽しんでいたため、オッケーだと捉えました。

 

まだ遊びはじめなので、他にも気づいた点があれば更新していきます。

 

まとめ

まとめ

「幼児のパズル道場 ステップひもとおし」についてご紹介しました。

 

改めてメリット・デメリットをまとめます。

 

メリット
  • 軽くて子供でも扱いやすい
  • 問題集が見やすく、子供にもわかりやすい
  • ひもが丈夫なため、劣化の心配がない

 

デメリット
  • 初回で難しく感じてしまうと飽きて続かない可能性がある
  • ひもの巻きつきに気をつける必要がある
  • ボードが薄いため、乱暴に扱うと割れてしまうおそれがある

 

上記で述べた通り、初回さえ乗り越えてしまえば長く遊ぶことができます。 

その他、大きなデメリットは見当たりません。

 

楽しく遊びながら身体と頭脳を鍛えることのできる知育おもちゃ、「幼児のパズル道場 ステップひもとおし」

ぜひ試してみてください。

>>「幼児のパズル道場 ステップひもとおし」をチェック

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA